QLOOK ANALYTICS

PCの使用時間を制限するソフト「パソコンねむねむ」

初心者の方にPCやインターネットをよく知らない方にも分かるよう、画像などをたくさん使って「パソコンねむねむ」の使い方を説明していきます。

PCを使い始めて親が困るのは、子供がなかなかPCを止めないことだと思います。インターネット・お絵かき・ゲーム...etc。今までなかったものが一度に手に入るのですから当然のことです。親がいくら言っても自力では止められない時は、強制的に止めさせるしかありません。


PCに「パソコンねむねむ」を使って時間制限を付ける方法
1.子供用のユーザーアカウントを作ります。
使っているOSによって方法が異なるので以下を参照して下さい。
Windows XPならこちら
Windows Vista/7ならこちら
アカウントが作成できたら、子供用に作ったアカウントでログインして下さい。ここからは子供用アカウント内での作業になります。


2.時間制限を付けるためのソフトをインストールします。
インストールするのは「パソコンねむねむ」というソフト。

公式サイト(こちら)の「パソコンねむねむFree4.06」の下の「ダウンロード」をクリックし、デスクトップにダウンロードします。ダウンロードした「pasonemu406free.exe」を起動させ、設定は何も変えず「OK」を押してインストールします。
これが完了するとデスクトップに「pasonemu406free」というフォルダができるはずです。このフォルダを、「マイドキュメント」や「ドキュメント」など子供に見つからないであろうフォルダに移動させます

(※もう一度書きますが子供用アカウントで作業していることが前提です。これは、子供用アカウントの個人フォルダ内にソフトを置くという目的のためです)。


3.ソフトの設定をします。
移動させた「pasonemu406free」というフォルダの中にある「パソコンねむねむFree.exe」を起動させます。
起動させるとパスワード入力欄が出てくるので、自分で決めたパスワードを入力します。絶対に忘れないようなもの、また子供に簡単に分かるようなものにしないことが大切です。
「OK」をクリックすると、設定の画面に移ります。
この画面で使用時間の制限、時間帯制限など設定します。時間を決めたら、「追加」をクリックしてルールを追加します。残りは以下の画像の通り設定することをお勧めします。
これで設定は完了です。子供用アカウントでログインした場合のみ、このソフトが起動するので親に影響することはありません。

※親用アカウントに子供がログインできたらこのソフトの意味がなくなってしまいます。子供用アカウント以外にはパスワードを付けておきましょう。
※親子で話し合った上で、使用時間を決めて下さい。


ペアレントコントロールっぽいことができるアドオン「Public Fox」

こちらの記事もいかがですか?


0 件のコメント: